鈴木愛、67も不満/国内女子

 大王製紙エリエールレディス第3日(23日、愛媛・エリエールGC松山=6580ヤード、パー72)9位から出た賞金ランキング3位の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算13アンダーで首位に2打差の7位に浮上した。同ランキング1位の鈴木愛(25)=セールスフォース=も7位に並び、最終日は同組での直接対決が実現。

 賞金女王争いをリードする鈴木は5バーディー、ボギーなしの67にも「アイアンショットがめっちゃ悪かった」。ただ表情は柔らかで、「初日はショットが悪く、昨日はパットが悪く、きょうはショット。明日はそろそろかみ合うかな」とニヤリ。2年ぶりの女王の座に大きく前進するツアー史上初の4週連続Vへ、「アイアンがよくなれば負けないと思う」と自信満々だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ