しぶこ時代がやってきた!女王届かずも…わずか758万円差で賞金ランク2位/国内女子

 LPGAツアー選手権リコー杯最終日(1日、宮崎CC=6535ヤード、パー72)史上最年少の賞金女王を目指した渋野日向子(21)=RSK山陽放送=は70で回り、通算7アンダーの2位。逆転での賞金女王には約758万円差で届かず、賞金ランキング2位で今季を終えた。通算5アンダーで5位に入った鈴木愛(25)=セールスフォース=が2年ぶり2度目の賞金女王に輝いた。ペ・ソンウ(25)=韓国=が通算11アンダーで通算2勝目を挙げた。

 笑顔で18番グリーンに上がってきた。会心のティーショット。渋野はフルーツをほおばりながら2打目地点に向かい、ピン手前2・5メートルにぴたり。真ん中から沈めた強気のバーディーパット。日本中を魅了した“しぶこ”の全てが、この1ホールに凝縮されていた。

 「入ったら気持ちよく終われると思った。きょうのどのパットよりも気持ちが入りました。入ったときは笑いしか出なかった。セカンドもダフって乗ったし、本当に私を象徴している。そこでも笑けちゃいました」

 史上最年少の賞金女王には、約758万円届かなかった。それでも悔いはない。「全然考えなかったし、前半で優勝もないなと思った。この一週間は本当に長かったけど、最後のバーディーですっきりしました」。

 1年前の今頃は、3次QTを下から5番目の37位で通過。最終QTは40位で今季前半戦の出場権をつかんだ。綱渡りで始まったツアー本格参戦1年目。8月に「AIG全英女子オープン」を制し、国内でもメジャー1勝を含む4勝。最終戦まで女王の可能性を残した快進撃など、誰も予想しなかった。

 「たくさんの人に支えられて頑張ってこられた。感謝の気持ちしかない。賞金ランキング2位は神様のご褒美。まだ1位になるには早いよ、という試練も与えてもらったと思っています」

 しんみりと振り返った後は、“しぶこ節”が全開。無我夢中で走り続けた2019年。「一言でいえば『謎』ですかね。いろんな意味で謎」。オフの予定を尋ねられると「クリスマスイブの24日に親知らずを抜きます。悲しいです」と、アハハッと笑った。

 五輪イヤーの2020年は2月の米ツアーから始まる。「ホンダLPGAタイランド」とシンガポールでの「HSBC選手権」に出場し、国内ツアー開幕戦「ダイキンオーキッド」に臨む。

 「今は東京五輪しか考えていない。やっぱり金メダルを取りたい。課題はアプローチかな。ショット力も足りていない」

 シンデレラストーリーは、メインポールに日の丸を揚げる第2章へと移る。 (臼杵孝志)

 ◆首位から出たが5位にとどまったイ・ボミ(韓国) 「残念だけど、後半2アンダーで回れたことは良かった。来年も楽しくゴルフしたい」

 ◆日本ツアー参戦1年目で今季2勝目を挙げたペ・ソンウ 「日本に来て本当に良かったなと思う。(複数年シードで来年は)もっと果敢なプレーができると思う」

 ◆3年ぶりの優勝を果たした2010、15年賞金王の金庚泰 「まさか優勝できるとは…。何度も引退を考えた。調子が悪くてうまくいかないことが多かったので、うれしい」

★数字が示す日向子の強さ

 部門別のスタッツが渋野の強さを証明。代名詞のバウンスバック率(ボギーかそれより悪かったホールの直後にバーディーかそれより良いスコアを奪う)は26.0684で断トツ。バーディーかそれ以上のスコアを獲得するパーブレーク率22.5539、1試合平均バーディー数4.0000は、ともに1位。総バーディー数402は2位。平均パット数は最終戦で鈴木に抜かれたが2位の1.7561だった。

★渋野日向子の一年アラカルト

 ◆3月・ツアー開幕 開幕戦は出場せず、出場初戦「ヨコハマタイヤPRGRレディス」は6位。

 ◆5月・涙のツアー初優勝 「ワールドレディスサロンパス杯」で優勝。本格参戦1年目に国内メジャーで勝つのは史上5人目。

 ◆6月・全英切符つかむ 「アース・モンダミンカップ」で4位。賞金ランキング3位になり、「AIG全英女子オープン」出場権を獲得。

 ◆7月・ツアー2勝目 イ・ミニョンとのプレーオフを制して「資生堂アネッサレディス」初代女王に。

 ◆8月・日本勢42年ぶりのメジャー制覇 「AIG全英女子オープン」で優勝。笑顔のラウンドで“スマイルシンデレラ”の異名も。

 ◆9月・記録更新 6月から「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」にかけて29ラウンド連続オーバーパーなしのツアー新記録。

 ◆9月・大逆転で3勝目 「デサントレディース東海クラシック」で首位と8打差から逆転優勝。獲得賞金1億円を超える。

 ◆11月・デッドヒート制して4勝目 予選落ちした翌週の「大王製紙エリエールレディス」で鈴木や申に競り勝つ。

 ◆11月・今季終了 今季最終戦は2位で、史上最年少の賞金女王まであと一歩。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ