闘病中の池江璃花子選手が退院報告「パリ五輪でのメダル目標に頑張る」

 白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子(りかこ)選手(19)=ルネサンス=が17日、自身の公式サイトを更新し、退院したことを発表した。池江選手直筆のメッセージも掲載され、「辛くて長い日々でしたが、皆様からの励ましのメッセージを見て、早く戻りたいと強く思うことができました。感謝の気持ちでいっぱいです」などと心境をつづった。

 所属事務所によると、池江選手は2月に急性リンパ性白血病と診断され、化学療法による治療を行ってきた。途中で合併症なども併発したが、造血幹細胞移植を行い体調が安定。約10カ月の入院生活が終わった。

 今後も治療は継続し、医師と相談しながら競技復帰を目指す。これまで池江選手はツイッターなどで東京五輪出場への意欲を示してきたが、「2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」とメッセージを締めくくった。

 昨年のジャカルタ・アジア大会で6冠を達成した池江選手は今年2月に病気を公表。9月には日本学生選手権を観戦するなど、一時退院を繰り返していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ