池江璃花子「目標は2024年パリ五輪」退院を報告/競泳

 競泳女子の池江璃花子(19)=ルネサンス=が17日、自身のHPで退院を発表した。

 2月の緊急入院後、検査結果により急性リンパ性白血病と診断され、化学療法による治療を行ってきた。治療期間中に合併症を併発したため化学療法の継続が困難となり造血幹細胞移植を行い、その後、寛解状態を維持し体調も安定したため退院することができたという。

 今後も通院による治療を継続し、競技活動については医師とも相談しながら、当面は陸上でのトレーニングを中心とした体力づくりを所属先のトレーニングコーチとともにスタートする。プールでの練習復帰時期は未定という。

 直筆でのメッセージも添え「今後の競技活動については、医師と相談しながら、水中トレーニングが可能になり次第再開します。オリンピックについてですが、2024年パリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います」と5年後のパリ五輪での表彰台を新たな目標に掲げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ