紀平、3回転半の着氷乱れるもSP首位 宮原2位 坂本3位/全日本フィギュア

 フィギュアスケート全日本選手権(19日、東京・国立代々木競技場)世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた大会が開幕。女子ショートプログラム(SP)で初制覇を目指す紀平梨花(17)=関大KFSC=が73・98点で首位発進した。4度優勝の宮原知子(21)=関大=が70・11点で2位、昨年覇者の坂本花織(19)=シスメックス=が69・95点で3位だった。代表は男女とも3人。21日に女子フリーを実施する。

 昨季のグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷が乱れた。その後のフリップ-トーループの2連続3回転、基礎点が1・1倍になる後半の3回転ループは決めた。

 ファイナルが行われたトリノから帰国後、これまで以上に大技と向き合った。フリーの音楽を流した練習では必ず冒頭に4回転を入れた構成で臨んだ。疲れが出る練習の終盤でも果敢に挑み、成功率を上げてきた。

 今季シニアデビューしたロシア3人娘に表彰台を独占され、4回転時代の到来を実感。国内では3回転半に成功した樋口新葉(18)=明大=らがレベルを上げている。

 21日のフリーでは4位だったGPファイナルのフリーで初挑戦し、転倒した4回転サルコーに挑む意向を示した。ロシア勢にリベンジするため、世界選手権に向けて大きな武器をものにする。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ