ロッテから楽天、楽天からロッテに7人動いた!両球団が涌井移籍&FA人的補償を発表

 ロッテ・涌井秀章投手(33)が金銭トレードで楽天に移籍することが19日、両球団から発表された。またFAで獲得した選手の人的補償として移籍する選手を発表。ロッテ入りした美馬学投手(33)の補償で楽天に酒居知史投手(26)が、楽天入りした鈴木大地内野手(30)の補償でロッテに小野郁投手(23)が移籍する。ロッテは前楽天のフランク・ハーマン投手(35)を1年契約で獲得するなど、両球団でこのオフに4対3の“大型トレード”が実現した。

 今季、パ・リーグの激しい3位争いをシーズン最終盤まで展開した楽天とロッテ(楽天がCSに進出)。両球団間でこのオフ、多くの選手が入れ替わった。

 ロッテにはFAで美馬、人的補償で小野、自由契約になったハーマンと西巻の4人が加入。楽天にはFAで鈴木、人的補償で酒居、金銭トレードで涌井が移籍した。

 あたかも4対3の“大型トレード”のようになったが、あくまで両球団とも積極的に補強を行った結果。FA宣言した鈴木、美馬の両選手の移籍先が偶然にも入れ違いとなったこともあり、同一リーグ内での異例の動きを生んだ。

 楽天は美馬が抜け、則本昂、岸に続く先発投手の補強が急務だった。楽天の石井GMは発表のタイミングが偶然、一緒になったが、人的補償とトレードは別々に考えていたという。ロッテ以外の球団からも探す中で「力のある球を投げられている。環境が変わればもう一つ上がれると思う」と実績十分な涌井の獲得を決めた。背番号は16。23日に楽天生命パーク宮城で記者会見を行う。

 ロッテの松本球団本部長も「結果的な話だけど、プロ野球界にとってはいいのかな。米大リーグならもっとあるけど日本は少ない。選手にとって何が一番いいのか」と説明。前例のない両チームの積極補強が、今後の日本球界の移籍市場に新たな影響を及ぼすかもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ