紀平、4回転回避も初V!3回転半2発成功で世界選手権代表決定/全日本フィギュア

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(21日、東京・国立代々木競技場)世界選手権(来年3月、モントリオール)代表選考会を兼ねて行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17)=関大KFSC=が合計229・20点で初優勝を飾り、世界選手権代表に決まった。樋口新葉(18)=明大=が合計206・61点で2位、川畑和愛(17)=N高=が合計193・96点で3位だった。 

 SP2位の宮原知子(21)=関大=に3・87点差をつけて迎えたフリー。紀平は冒頭の3回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループ、3回転フリップ、単発の3回転半、後半の3回転フリップ-2回転トール-プ、2回転半-2回転トーループ-2回転ループ、3回転ループとすべて着氷。2位以下に大差をつけて圧勝した。

 3回転半を絶対的武器としたシニア1季目の昨季、グランプリ(GP)ファイナルを制した直後に迎えたこの大会は、SPでミスが続いて5位だったが、フリーで2位に浮上した。1年たち、複数の4回転ジャンプを駆使するロシア勢が台頭。4回転なしに世界では勝てない状況になった。紀平自身も練習では4回転サルコーの成功率が上がっており、この大舞台でモノにするという決意は固かったが、最終的には回避した。

 今月上旬のGPファイナル(トリノ)で初めて挑んだが、転倒して4位に終わった。4回転や3回転半を駆使するロシア勢に表彰台を独占され、難度と完成度の高さを追求した構成で勝負に出ることを決めた。

 ロシア勢打倒のために高難度な技に挑み続け、日本女子でただ一人今季のGPファイナルに出場した実力を証明した。全日本女王の肩書を引っさげ、世界一の座をつかみにいく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ