ジュニアの川畑が「ビックリ」3位で表彰台 フィギュア全日本選手権

 自身が最も目を丸くしたかもしれない。フィギュアスケートの全日本選手権女子フリーで、ジュニアの川畑はSP7位から3位に食い込み、表彰台に立った。「SP、フリーともノーミスで演技ができてうれしい。3位にはビックリしている」とニッコリ笑った。

 演技冒頭、ルッツ-トーループの2連続3回転ジャンプで決めて勢いに乗った。五輪経験者らSPの上位陣、実力者が崩れる中で自分の演技に集中した。「メンタル面もコントロールしてやることができた」と、納得の表情を浮かべた。

 愛知県出身の高校3年生は、元四大陸選手権女王の太田由希奈コーチの指導で、スケーティング技術、ジャンプなどを磨く。今季もジュニアの舞台で演技し、「自分の成長は遅いと感じている。自分のペースで成績を積み重ねてシニアに上がりたい」とマイペースを貫いている。

 昨年は10位にとどまった全日本で大きな飛躍を遂げた。「ジャンプのつなぎや表現など、もっと完成度の高いプログラムにしていきたい」と力を込めた。“大器晩成”の17歳が、さらなる高みを目指す。(久保まりな)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ