肉体改造の樋口が巻き返し2位 復活印象づける フィギュア全日本選手権

 フリーを滑り終えた樋口が氷上で喜びを爆発させた。21日のフィギュアスケート全日本選手権女子フリーで、SP4位から巻き返しての2位。2シーズン遠ざかっていた表彰台へと返り咲いた。

 演技冒頭、習得に励んできた大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回避し「失敗をしない構成」を優先した。「全日本に向けて頑張ってきた」と練習の成果を発揮するためだった。

 2回転半を着実に跳ぶと、続く高難度のルッツ-トーループの2連続3回転ジャンプを決め勢いに乗った。持ち味のスピードある滑りで、大きなミスなく演技を終えた。

 夏場に左足甲を負傷。グランプリ(GP)シリーズは2戦とも6位に沈んだ。それでも「今季は全日本に照準を合わせてきた」と体重をコントロール。ここ数カ月は夕食で炭水化物を断ち、トレーニングで筋肉量を増やしながら体脂肪を減らす肉体改造に取り組んできた。数値を毎日チェックし、練習も「息が上がるほど」追い込んだ。

 「120%の自信を持って臨めた」という全日本で快演を披露し、18歳が復活を印象付けた。(田中充)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ