宇野、逆転で4連覇!SP首位の羽生は2位/全日本フィギュア

 フィギュアスケート・全日本選手権最終日(22日、東京・国立代々木競技場)世界選手権(来年3月、モントリオール)代表選考会を兼ねて行われ、男子はショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が合計290・57点で4連覇を果たし、世界選手権代表に決まった。SP首位の羽生結弦(25)=ANA=は合計282・77点で2位、来年からアイスダンスに転向する高橋大輔(33)=関大KFSC=は合計204・31点で12位だった。

 冒頭の4回転フリップ、4回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させたが、3回転ループは着氷が乱れた。基礎点が1・1倍になる後半はサルコー-トーループの2連続3回転は着氷したものの、3回転半からの3連続ジャンプは3つめのフリップが1回転にとどまった。

 主要タイトルに手が届かない状況から脱しようと、5歳から師事した山田満知子、樋口美穂子両コーチの下を昨季終了後に離れた。しかし、コーチ不在で臨んだシーズンはシニア転向5季目で初めてグランプリ(GP)ファイナル進出を逃した。救ってくれたのは、年明けにもコーチに就任する元世界選手権王者のステファン・ランビエル氏。今大会では臨時コーチとして支えてもらい、早くも信頼関係を築いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ