男子は宇野V4で世界代表 羽生2位、最後の高橋12位

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子はショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー1位で逆転して合計290・57点で4連覇し、日本スケート連盟の選考基準を満たして代表に決まった。

 4年ぶりに出場し、5度目の優勝を狙ったSP1位の羽生結弦(ANA)はフリー3位にとどまり、282・77点で2位。252・44点で4位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)とともに代表入りした。

 全日本ジュニア選手権王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がSP7位からフリー2位と巻き返し、257・99点で3位。ジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者の佐藤駿(埼玉栄高)が246・50点で5位。来年からアイスダンス転向の高橋大輔(関大KFSC)はシングル最後の演技を終え、204・31点で12位だった。

 アイスダンスは小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)組が合計163・31点で2連覇した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ