コストルナヤがSP首位 男子はアリエフ初優勝

 フィギュアスケートのロシア選手権第2日は27日、クラスノヤルスクで行われ、女子ショートプログラム(SP)は今月上旬のグランプリ(GP)ファイナルで初出場優勝した16歳のアリョーナ・コストルナヤがトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、非公認ながら自らの持つ世界最高の85・45点を上回る89・86点を出して首位に立った。

 ともに15歳でGPファイナル2位のアンナ・シェルバコワが79・93点で2位、同3位のアレクサンドラ・トルソワが76・46点で3位につけた。2018年平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワは71・08点で5位。

 男子は前日のSPで4位のドミトリー・アリエフが合計260・98点で初優勝。SP13位のアルトゥール・ダニエリャンが2位、アレクサンドル・サマリンが3位。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ