しぶこ、サントリーと1億円所属契約!期間は複数年、来月発表/国内女子

 女子ゴルフの渋野日向子(21)が来季からサントリー(本社・大阪市)と複数年の所属契約を結ぶことが27日、関係者への取材で分かった。契約金は1億円で来年1月に正式に発表される。今季所属のRSK山陽放送は今後もスポンサーとしてサポートを続ける。

 日本ゴルフ界にフィーバーを巻き起こした渋野の、新たな所属先が決まった。

 争奪戦を制し、ハートを射止めたのはサントリー。ゴルフ事業に熱を入れてきた同社は宮里藍さん(34)と所属契約を結び、引退後もバックアップを続けている。国内女子ツアーの「サントリー・レディス」は来季30回を迎える老舗大会。「日本を代表する大手企業が数多く名乗りをあげていた」と、関係者は舞台裏を明かした。

 契約金は1憶円で期間は複数年。2000年代に宮里さん、横峯さくら(34)、上田桃子(33)らが女子ゴルフブームを巻き起こした“バブル期”に匹敵する大型契約となった。

 今年が実質ツアー1年目だった渋野は5月に初優勝と頭角を現し、8月にAIG全英女子オープンで日本勢42年ぶりのメジャー制覇。実力と明るい笑顔が注目され、世界ランキングは11位まで上がり東京五輪代表の有力候補となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ