田中碧ら国内組中心の23人 サッカーU23アジア選手権

 日本サッカー協会は29日、来年1月にタイで開催されるU-23(23歳以下)アジア選手権に臨む日本代表に、今年のJリーグ・ベストヤングプレーヤー賞に輝いた田中碧(川崎)ら23人を選出した。久保建(マジョルカ)や堂安(PSVアイントホーフェン)は入らず、海外組の招集は食野(ハーツ)のみ。

 東京五輪のアジア最終予選を兼ねており、開催国枠の日本を除く上位3チームが出場権を得る。1次リーグB組の日本は1月9日にサウジアラビア、12日にシリア、15日にカタールと対戦する。

 記者会見した森保監督は「東京五輪に向けたシミュレーションとして生かせるよう、できる限りの準備をする。頂点を目指す」と意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ