冬季ユース五輪がスイスで開幕 フィギュア鍵山が旗手

 原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪は9日、スイスのローザンヌで開会式を行い、22日まで14日間の祭典が幕を開けた。日本は7競技に過去最多の72選手が参加し、2022年北京冬季五輪に向けて有望株の活躍が期待される。

 日本選手団の主将を務めるカーリング女子の田畑百葉(北海道・大麻高)は五大陸の代表として国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とステージに上がり、「ここで得た経験を生かして競技でベストを尽くせるように頑張りたい」と決意を新たにした様子。旗手として行進したフィギュアスケート男子の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)は「開会式も盛り上がっていたので、競技も頑張りたい」と意欲を高めた。

 大会組織委員会によると79カ国・地域から約1900人がエントリー。大会は五輪精神の普及を目的とした文化・教育プログラムも行われる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ