侍ジャパン・稲葉監督、しぶこの強気「見習うべき」7・25楽天&26巨人と練習試合

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(47)が10日、「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に出席。ともに登壇した女子ゴルフ・渋野日向子の「強気の投球」にパワーをもらった。

 壇上で今夏の東京五輪に向けた即席の“始球式”が実現した。渋野は水泳の瀬戸を打者役に、宇津木妙子・元ソフトボール日本代表監督のミットに見事なストライク投球を披露。これに稲葉監督は「フォームがすごくきれい。難しいと思ったが、いとも簡単に構えているところに投げた。一発勝負で素晴らしい」と目を丸くした。

 この一投だけではない。指揮官の脳裏には、全英女子オープンを制した渋野の強気なパッティングも焼き付いていた。「緊張感のある中で、マイナス方向にいってしまうこともあるかもしれないけど、どれだけ開き直れるか。強気というところは見習っていくべき」と自らに言い聞かせた。

 チームとしては東京五輪の直前合宿(仙台)で、7月25日に楽天、26日に巨人と練習試合を行うことが決定。選手たちには「まずはシーズンをしっかりと戦う。開幕から波に乗っていくことが大事」と呼びかけた。“しぶこ魂”を胸に悲願の金メダルを奪う。(花里雄太)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ