U-23森保ジャパン、五輪イヤーいきなり背水 あやふやにバラバラ…意思統一なき敗戦

 サッカー男子・U-23日本代表合宿(10日、タイ・パトゥムターニー)U-23(23歳以下)アジア選手権1次リーグB組の日本は、サウジアラビアに1-2で敗れた第1戦から一夜明け、控え組の11人がミニゲームなどの練習を行った。日本は12日のシリア戦に負けると1次リーグ敗退が決まる。練習前に宿舎で開いたミーティングで反省点を確認し、ピリピリムードを漂わせた。

 強烈な日差しに汗がしたたり落ちる。気温30度を超える中、黒星発進のショックを引きずる日本は、午後5時から練習を開始。サウジアラビア戦の先発メンバーとFW上田を除く11人が、必死に前を向いた。

 「試合後は落ち込みましたけど、すぐ次の試合が来る」

 そう頭を切り替えるのはMF森島。練習前に宿舎で開いたミーティングでは反省点を洗い出したという。内容については口をつぐんだが、球際での弱さは言うまでもない。後半3分には相手が単独で仕掛けたドリブルを誰も止めにいかず先制された。

 試合後、DF渡辺は「誰が出るかはっきりできず、失点になった」と反省した。意思疎通を欠いた他人任せのプレーは続く。1-1の後半40分には目を覆いたくなるパスミスからPKを与えた。「ちょっとの連係ミスで試合を落とした」と森保監督。DF古賀からDF岡崎へのバックパスが乱れ、相手FWが労せずボールを拾うと、追いかけた岡崎が後ろから相手を倒した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ