U-23森保ジャパン、負ければ1次L敗退の崖っぷち…12日シリア戦

 サッカー男子・U-23日本代表合宿(11日、タイ・バンコク)12日の1次リーグ第2戦、シリア戦に向けて23人全員で練習を行った。9日の初戦、サウジアラビア戦に1-2で敗れて現在、B組4位。連敗すれば上位2カ国が決勝トーナメントに進む、1次リーグでの敗退が決まる崖っぷち。中2日で臨む試合に背水の陣を敷き必勝を期す。

 森保監督は「コンディションは考えて、フレッシュな選手を使うということも次の試合に向けて試したい」と初戦からのメンバー変更を示唆。負ければ終わりの状況だが、中2日で3試合を戦うためには思い切ったターンオーバーも辞さない。「守備では局面で激しさ、粘り強さを緩くしてしまった部分があった」。初戦の反省を生かし、五輪イヤー初勝利を目指す。 (山下幸志朗)

★この日の練習

 現地では乾期にあたるこの時期の昼間には珍しい雨が降り、少し涼しくなった午後6時半から23人全員が参加して前日練習を行った。公開された冒頭の15分ではランニングやストレッチ、ボール回しで汗を流し、非公開になってからはメンバーを入れ替えつつ、戦術確認を行ったとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ