桃田、遠征先マレーシアで大事故被害 2列目乗車で一命取り留めるも全身打撲…運転手は死亡/バドミントン

 バドミントンの男子シングルス世界ランキング1位で、今夏の東京五輪で金メダルが期待される桃田賢斗(25)=NTT東日本=が13日、マレーシアの首都クアラルンプール近郊で交通事故に遭い、全身打撲などのけがを負った。マレーシア・マスターズの優勝から一夜明け、帰国途中に桃田らを乗せたワゴン車が大型トラックに追突。ワゴン車の運転手は死亡する大事故で、桃田らも現地で入院した。

 五輪イヤーがスタートした矢先、日本のエースがまさかの事故に巻き込まれた。全競技を通じて日本の金メダル候補筆頭とも言える桃田が、海外遠征先で交通事故に見舞われ負傷した。

 マレーシア消防当局などによると、13日午前5時ごろ、桃田ら日本人3人を含む5人が乗ったワゴン車がクアラルンプール空港に向け高速道路を移動中、前方の大型トラックに追突した。ワゴン車の運転手は死亡。日本バドミントン協会によると、桃田は命に別条はないが全身打撲のほか顎、唇、眉間を切るけがを負い、病院で唇付近を縫う処置を受けた。

 同乗していた専属トレーナーの森本哲史氏は脳振盪(しんとう)、右腕骨折と診断。日本ユニシスの平山優監督は全身打撲と歯の損傷を負った。世界連盟の技術スタッフも負傷。車内では桃田と森本氏が2列目、平山監督と技術スタッフが3列目に座っていた。

 マレーシアのサイドサディク青年・スポーツ相は病院で桃田らと面会。「痛ましい事故。最善の治療を受けられるようにする」と述べた。ズルキフリ保健相は「深刻なけがはなく、快方に向かっている。すぐ退院できるよう願っている」と説明。同国バドミントン協会は13日夜、「順調に回復している。ただ経過観察のため今夜は退院できない」と発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ