10人の森保ジャパン、カタールと引き分け 東京五輪予行演習は未勝利、最下位で帰国/U-23アジア選手権

 東京五輪アジア最終予選を兼ねるサッカーのU-23(23歳以下)アジア選手権で1次リーグB組で2連敗して敗退が決まっていた日本は15日、最終戦でカタールと1-1で引き分けた。日本は勝ち点1で同組最下位。東京五輪の予行演習と位置づけていた大会で、勝利を挙げられないまま、帰国することとなった。

 既に開催国枠での五輪出場が決まっている日本。アジア諸国との真剣勝負で強化を図り、目標の金メダル獲得へ弾みをつけたかったが、サウジアラビア戦、シリア戦と2連敗し、初の1次リーグ敗退。

 最終戦の相手は、昨年1月のアジア杯決勝でA代表が1-3で完敗したカタール。スペイン出身のサンチェス監督はA代表と五輪代表を兼任する。

 森保監督としては、最終戦で意地を見せ、逆風に歯止めをかけたいところだったが、ともにスコアレスの前半終了間際にMF田中碧がVAR判定の末、一発退場に。後半は10人でのプレーを余儀なくされた日本だったが、28分にFW小川に今大会初ゴールが生まれて先制。しかしそのわずか6分後にエリア内のファウルで痛恨のPKを献上し、同点に。本番前最後の公式戦を1-1で終えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ