フィギュア団体で鍵山のチームは銀 冬季ユース五輪

 原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪第7日は15日、スイスのローザンヌなどで行われ、異なる国・地域の選手でチームを組んだフィギュアスケート団体で鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)は男子トップの157.62点をマークし、米国やロシア勢と組んだチームは銀メダルを獲得した。金メダルはアイスダンスで吉田唄菜(岡山ク)西山真瑚(東京・目黒日大高)組が最高得点をマークしたチームだった。

 カーリング混合団体は準決勝で日本がニュージーランドを8-4で下し、決勝に進出。16日にノルウェーと対戦する。チームは日本選手団の主将を務めるカーリング女子の田畑百葉(北海道・大麻高)ら女子2人、男子2人で構成される。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ