堀川、寝床探しに奔走…1泊12万円など緊急出費「100万円は稼がないと」/国内男子

 SMBCシンガポールオープン第2日(17日、シンガポール・セントーサGCセラポンC=7397ヤード、パー71)アジアツアーと共催の日本ツアー開幕戦。第1ラウンド(R)の残りと第2Rを行い、日没サスペンデッドで4人が第2Rを終了できなかった。堀川未来夢(27)=Wave Energy=が第2Rを70で回り、通算2アンダーの暫定22位。大槻智春(29)=真清創設=が通算6アンダーで、日本勢最上位の暫定7位。ジャズ・ジェーンワタナノンド(24)=タイ=が通算10アンダーで暫定首位に立った。

 昨季初優勝を遂げ、今季のさらなる飛躍が期待される堀川が開幕戦から“珍トラブル”に見舞われていた。プレー自体は連日のアンダーパーで安定していたのだが…。

 「系列のマレーシアのホテルを予約してしまって…。そこからが大変でした」

 前週の米ツアー「ソニーオープン」(ハワイ州)を65位で終え、シンガポール入りしたのが14日夜。指定されたホテルに名前がなかった。なんと、同系列のマレーシアのホテルに予約を入れてしまっていたことが判明。まさかの“宿なし”状態に陥った。

 同夜は知り合いのキャディーの部屋に居候。翌日は超高級ホテル「マリーナベイ・サンズ」をはじめ同国中のホテルに電話をかけまくったが、ほとんどが満杯。もともとの指定ホテルも1泊50万円のスイートしか空いていなかった。1泊6000円の宿を探し当ててラッキーと思いきや、10人ほどの大部屋と分かりキャンセル。1泊12万円のホテルに滑り込むしかなかった。この日夜からは3泊12万円のところに何とか落ち着いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ