奇跡!桃田、精密検査異常なし 五輪へ意欲「コートに戻り恩返し」/バドミントン

 遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷したバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が17日、入院していた東京都内の病院を退院した。所属先が発表した。精密検査を受けるため帰国翌日の16日から入院していたが、奇跡的に身体面に異常はないと診断され、早期の退院につながった。今夏に迫る東京五輪の金メダル候補は、事故後初めてコメントを発表し、周囲の支えに感謝しつつ、一日も早い競技復帰を誓った。

 運転手が死亡するほどの大事故に遭ってからわずか4日。桃田が奇跡の金メダルへの道のりを歩みだした。精密検査を受けるため、帰国翌日の16日から入院していた病院を退院。マレーシアで診断された顔面3カ所の裂傷と全身打撲を除き「身体面に異常なし」とされた。所属するNTT東日本を通じ、事故後初のコメントを発表した。

 「当面は静養することになりますが、心身の回復に努め、1日も早く元気なプレーをお見せし、支えてくださっているみなさまに恩返しをしていきたいと考えています」(原文ママ)

 マレーシアから成田空港着の航空機で帰国した15日、運転席の真後ろにいた桃田の眉間には事故で受けた裂傷を縫う約10針の跡が刻まれていた。そのまま、簡易検査を受けるため病院に直行し、16日から精密検査を受けていた。検査結果は早ければ17日、遅くても週明けとされていたが、わずか1日の入院で退院することになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ