平間、巨人育成新人初の1軍スタート!四国IL出身の苦労人23歳が快挙

 巨人は17日、川崎市のジャイアンツ球場で原辰徳監督(61)をはじめとした首脳陣が会議を開き、2月1日に始まる春季キャンプメンバーの振り分けなどを確認した。同会議で、育成ドラフト1位・平間隼人内野手(23)=四国アイランドリーグplus徳島=を1軍スタートさせる方針を固めたことが判明。育成新人の1軍スタートは球団史上初の快挙で、背番号「002」が大抜擢(ばってき)に応える。

 巨人の1年が“サプライズ”でスタートする。育成ドラフトで入団したばかりの平間が、春季キャンプを1軍でスタートすることが分かった。

 20日のスタッフ会議で正式決定するため、首脳陣の会議に参加した原監督は「メンバーについては、伏せておいた方がいいでしょう」と明らかにしなかったが、コーチらの推薦もあって方針が固まった。育成選手の宮崎キャンプ1軍スタート自体が巨人で過去に3人(14年の土田、18年の松原と成瀬)のみの快挙でルーキーでは例がない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ