高木守道さん急死…「10・8決戦」長嶋巨人と激闘、選手で監督でミスタードラゴンズ

 中日で通算2274安打を放つなど俊足好打の二塁手として活躍し、監督として1994年に巨人との「10・8決戦」を指揮した高木守道(たかぎ・もりみち)氏が17日午前4時、急性心不全のため死去した。78歳。岐阜県出身。葬儀・告別式は家族葬で行われる。盗塁王に3度、ゴールデングラブ賞(当時ダイヤモンドグラブ賞)に3度、ベストナインに7度輝き、2006年には野球殿堂入りした名二塁手が、天国へ旅立った。

 昭和、平成のプロ野球史を彩った名選手がまた一人、天に召された。17日午前4時、高木氏が急性心不全のため亡くなった。今月12日には中日OBでタレント、板東英二氏のラジオ番組にゲスト出演し、現役時代の思い出話を披露したばかり。突然の訃報だった。

 一言で言い表せば名手中の名手。中日の二塁手として、代名詞のバックトスなどで多くのファンを魅了した。半田春夫氏(カールトン半田)という米球界を知る選手に伝授されたもので、日本球界に革命を起こした。

 県岐阜商高で1959年の選抜大会で準優勝し、60年に中日入団。50盗塁をマークした63年など3度の盗塁王に輝いた。ゴールデングラブ賞(当時ダイヤモンドグラブ賞)は3度、ベストナインは7度獲得。身長173センチと小柄ながらパンチ力もあり、通算236本塁打をマーク。4打席連続本塁打を3試合で打った数少ない選手でもある。78年には史上11人目の通算2000安打も達成した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ