オリ、『がんばろうKOBE』ユニ復刻決定!田口コーチ「節目の25年。優勝したい」

 震災時に神戸市を本拠地にしていたオリックスは17日、大阪市のオセアンバファローズスタジアム舞洲で田口壮野手総合兼打撃コーチ(50)らが黙とうした。

 田口野手総合兼打撃コーチ、福良GM…。オリックスは、阪神大震災に心を痛めながらも栄冠をつかんだ男たちが舞洲に集まり、神戸に向けて、1分間の黙とうをした。

 「25年経ったけど、長いのか、短いのか。まだ復興できていないところもある。災害に終わりはない。あの日、最初に聞いた音と感じた揺れは今でも残っています。50年生きてきて、死を感じたのはあのときだけです」

 神戸市北区の自宅で被災した田口コーチは神妙な面持ちを浮かべた。

 1995年は「がんばろうKOBE」を合言葉にオリックスとして初優勝し、翌96年は日本一を達成した。仰木監督のマジックのもと、イチローらスターが次々と誕生。絆を感じさせる野球で被災地に笑顔を与えた。

 「あれからまったく勝てていない。節目の25年。優勝したい」

 グラウンドから勇気を届けたときの瞬間がよみがえるイベントが、この日、球団から発表された。3月28日の西武戦など今季ほっと神戸で開催される全8試合を「THANKS KOBE ~がんばろうKOBE25th~」として95年の復刻ユニホームを着用する。

 「僕として思い入れのあるユニホーム。もう一回、神戸のファンの方と戦える、という思いにある」

 あれから25年がたった今、当時の選手たちはコーチやフロントとしてオリックスを引っ張る立場になった。

 「強かった時代を思い出してもらうためにも勝たないといけない」

 最下位から再出発を図る2020年。もう一度、一つになり、神戸を歓喜の渦に包み込む。(西垣戸理大)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ