渋野、“殿堂”入り!「全英女子」日本勢42年ぶりのメジャー制覇で特別賞

 日本プロゴルフ殿堂は23日、昨年の「AIG全英女子オープン」で日本勢42年ぶりのメジャー制覇を果たした渋野日向子(21)=RSK山陽放送=に特別賞を贈ることを決めた。また海老原清治氏(70)ら4人を、殿堂入りする顕彰者として発表した。

 特別賞は2013年に「全米プロシニア」を制した井戸木鴻樹(58)以来で2人目。

 欧州シニア通算6勝で02年には賞金王にも輝いた海老原氏は、「とても大きな感動とともに身に余る光栄と、心が震えました」とコメントを寄せた。同門の先輩にあたる日本ゴルフツアー機構会長の青木功(77)も東京都内で開かれた発表会見で「義理堅く頭のいいやつ。清治に代わって感謝したい」と喜んだ。

 海老原氏と、国内女子ツアー通算10勝の岡田美智子さん(75)がプレーヤー部門で殿堂入り。レジェンド部門では台湾出身でプロ通算15勝を挙げた謝敏男氏(79)、1935年「全米オープン」で日本勢初のメジャー予選突破を果たした故中村兼吉さんが選出された。殿堂入り式典は3月19日に行われる。(稲垣博昭)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ