渋野が一日税務署長「今年も1億円は稼ぎたい」

 女子ゴルフの渋野日向子(21)=RSK山陽放送=が24日、岡山東税務署の一日署長を務め、便利になったスマートフォンでの確定申告をPRした。自身の2019年度の所得は賞金ランキング2位となった国内ツアーで1億5000万円を超え、海外メジャー「AIG全英女子オープン」の優勝賞金が約7200万円。賞金だけで2億2000万円以上を稼いだ“高額納税者”は「岡山県民なので税金は岡山のためにたくさん使ってもらえたらありがたい」と話した。

 プロ1年目の2018年の獲得賞金は下部ツアーの約710万円と「アース・モンダミンカップ」でのホールインワン賞600万円で、レギュラーツアーは0円からの大出世。「前回は勉強しながら自分でしたけど、今回は手がつけられない状態。税理士さんにお願いして一緒にやっています」。実際にスマホでの確定申告書の作成も体験し、「思ったほど難しくないですね」と便利さを体感していた。

 金メダル取りを目標に掲げる東京五輪の開会式まで、この日でちょうどあと半年。「しっかり調整して代表に選ばれたい。選ばれたらいい成績を残せるように頑張りたい」と話した。昨年のシーズン終了後から続いた表彰式、イベント、テレビ出演もこの日で打ち止め。今月下旬からはタイ合宿に出発し、ゴルフ漬けの日々が始まる。2月1日からは所属先がサントリーに移る2020年シーズン。「どうなるかわからないけど、今年も1億円は稼ぎたい」と抱負を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ