U-23代表、森保監督続投確認 サッカー協会技術委

 日本サッカー協会は29日、東京都内で技術委員会を開き、東京五輪世代のU-23(23歳以下)日本代表を率いる森保一監督(51)を続投させる方針を確認した。関塚隆技術委員長は「引き続きサポートしていく。委員にもご理解をいただいた」と説明した。

 森保監督が率いる日本は五輪のアジア予選を兼ねたU-23アジア選手権で1次リーグ敗退。五輪には開催国枠で出るが、強化のために参加した大会で1勝もできず、同監督が引き続き指揮を執るかを含めて議論した。

 関塚委員長は森保監督が兼任するフル代表に久保建英(マジョルカ)ら五輪世代を抜てきして若手を鍛えている点を挙げ「世代融合を進めていく方向性で、ぶれずにやっている」と評価した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ