四大陸選手権が6日開幕、羽生が会場で初練習

 【ソウル=田中充】フィギュアスケートの四大陸選手権が6日、ソウルで開幕する。5日は男女の公式練習などが行われ、大会初制覇を狙う男子の羽生結弦(ANA)が会場リンクで初練習を行った。今大会はショートプログラム(SP)、フリーともに五輪2連覇を果たした2018年平昌大会のプログラムに変更。公式練習ではSP曲の「バラード第1番」を披露した。

 女子で2連覇を狙う紀平梨花(関大KFSC)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が好調。樋口新葉(明大)、坂本花織(シスメックス)、男子で冬季ユース五輪金メダルの鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)、友野一希(同大)も精力的に調整した。

 男子は7日にSP、9日にフリー、女子は6日にSP、8日にフリーが行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ