紀平梨花、81・18点でSP首位!2連覇へ好発進/四大陸フィギュア

 フィギュアスケート・四大陸選手権(6日、ソウル)女子ショートプログラム(SP)で2連覇を目指す紀平梨花(17)=関大KFSC=が81・18点で首位発進した。坂本花織(19)=シスメックス=は73・07点で4位、樋口新葉(19)=明大=は72・95点で5位だった。

 3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)で表彰台を目指す紀平にとって、強豪ロシア勢が出場しないだけに負けられない戦いだった。「ブレックファスト・イン・バグダッド」に乗り、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、続くフリップ-トーループの2連続3回転、基礎点が1・1倍になる後半の3回転ルッツを完璧に決めた。スピン、ステップともに最高難度のレベル4を獲得し、演技後は右腕を突き上げた。

 悩まされてきた左足首の痛みが癒え、昨年9月のオータム・クラシック後は回避してきた3回転ルッツをSPに続いて、フリーにも組み込む。現地入りする前は靴が合わず、フリーで3回転半を2度から1度に減らすことも考えたが、約3年前に履いた靴を再び使い持ち直した。昨年12月の全日本選手権で22・59点差もつけて初優勝した力はずぬけており、今大会を世界選手権で最高の演技を見せるための布石にしたいところだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ