宮原SP首位、本田2位 フィギュアのババリアンOP

 フィギュアスケートのババリアン・オープンは6日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、女子ショートプログラム(SP)で3月の世界選手権代表の宮原知子(関大)がルッツ-トーループの2連続3回転ジャンプと3回転ループで回転不足を取られたが、66.11点で首位に立った。本田真凜(JAL)が61.72点で2位につけた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ