羽生がSP世界最高で首位発進 四大陸フィギュア

 【ソウル=田中充】フィギュアスケートの四大陸選手権第2日は7日、ソウルで行われ男子ショートプログラム(SP)は初優勝を狙う羽生結弦(ANA)が2種類の4回転を含む全てのジャンプを決め、自身の世界最高を塗り替える111・82点で首位に立った。

 2018年大会王者の金博洋(中国)が95・83点で2位、冬季ユース五輪王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)は91・61点で5位、友野一希(同大)は88・22点で7位だった。

 アイスダンスはリズムダンス(RD)11位だった小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)組がフリー10位の合計157・20点で11位、深瀬理香子(大東大)張睿中(カナダ)組は143・94点で13位だった。マディソン・チョック、エバン・ベーツ組(米国)が213・18点で2連覇を果たした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ