ロッテD1・佐々木朗希が「ビッグコミック」表紙に!球速だけじゃない、異例のスピード抜擢

 ロッテ春季キャンプ(8日、沖縄・石垣島)ロッテの最速163キロ右腕、ドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が、小学館の青年コミック誌「ビッグコミック」の2月10日発売号で表紙を飾ることが8日、分かった。球団では2005年に日本一となったボビー・バレンタイン監督(69)以来で、新人として異例の抜擢(ばってき)となる。台湾リーグ・楽天との練習試合では同5位・福田光輝内野手(22)=法大=が12球団の“新人1号”を放った。

 早くも人気雑誌の“顔”に抜擢だ。佐々木が2月10日に発売される「ビックコミック」で表紙になることが判明した。

 「似顔絵表紙は、その時代のビッグな人物にご登場いただいています。今年一番活躍を期待されるプロ野球界のルーキーで、今後も小誌の表紙にご登場いただく機会があると思っています」

 担当者が起用の理由を明かした。ロッテで同誌の表紙を飾るのは2005年にパ・リーグ2位から日本一に輝いたバレンタイン監督(当時)以来。最近では大谷(エンゼルス)が日本ハム時代から通算3度登場し、昨年は丸(巨人)、前田(ドジャース)の他、女子ゴルフの渋野日向子が務めるなど、時代の“顔”が起用されてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ