13歳・玉井、高飛び込みトップでW杯代表確実!男子最年少五輪へ大前進

 飛び込み・W杯代表選考会最終日(9日、東京辰巳国際水泳場)東京五輪最終予選を兼ねるW杯(4月、東京)の代表選考会。男子高飛び込み決勝で、日本男子最年少(13歳10カ月)での五輪出場が期待される玉井陸斗(13)=JSS宝塚=が458・05点の1位となった。W杯代表を確実にして、五輪出場にも大きく前進した。女子板飛び込み決勝は、同種目で五輪出場が内定している三上紗也可(19)=米子DC=が1位。

 13歳が東京五輪に前進した。最終6本目を91・80点の高得点で締めた玉井が、水から上がると左手で小さく何度もガッツポーズ。自身初の五輪選考会で、大器の片鱗(へんりん)を見せた。

 「ヒヤヒヤしたところがあったけど、W杯に行けるのでうれしい。(W杯までに)もっと演技を安定させたい」

 2位で迎えた2本目。苦手とする207C(後ろ宙返り3回半抱え型)でオーバーターンとなり5位に転落した。「やばいな」。動揺はあったが、終わったことは気にしない主義。3本目から徐々に得点を上げて5本目でトップに立つと、6本目は「100%」と自画自賛の演技でW杯の出場権を手にした。

 年齢制限のため東京五輪代表選考会だった昨夏の世界選手権(韓国・光州)、昨秋のアジア杯(クアラルンプール)は出場できず、この大会が唯一の五輪への道だった。前日8日は午後10時に就寝し、一度も目を覚ますことなく朝まで爆睡。シニアのデビュー戦だった昨年4月の日本室内選手権では、決勝前に緊張から涙を流した。今大会は、自信を持って迎えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ