エンゼルス・大谷翔平「二刀流」の行方は… 慎重路線の球団とマドン監督の構想には温度差? 「今年1年もまだリハビリだと思っているが、その中で結果を」

 米大リーグは12日(日本時間13日未明)にキャンプインを迎え、一昨年の右肘手術から投打の「二刀流」復活を目指すエンゼルスの大谷翔平投手(25)はアリゾナ州テンピで始動した。投手としての復帰が可能となる5月中旬から二刀流復活となるが、大谷は「今年1年もまだリハビリだと思っている」と慎重な様子。3年目の二刀流の行方は-。

 バッテリー組の初日となったこの日、大谷はウオーミングアップの後、グループを離れてケージで打撃練習を50球。その後、最長40メートルのキャッチボールなどを行い、二刀流を意識したスタートとなった。

 練習後の大谷は落ち着いた様子。「シーズン中もある程度、制約がある中でやる感じになる。今年1年もまだリハビリだと思ってその中で結果を残したい。たいへんだがしっかりやることはやっていきたい」と、二刀流復帰に向けた意気込みを静かに語った。

 また、11日に死去したヤクルト監督などを務めた野村克也氏に、「厳しい意見をいただいたこともあるが、温かい言葉をかけてもらった。ストレートな言葉をもらえるのですごく勉強になった。成長させてもらった」と感謝を述べる場面もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ