ソフトB・甲斐野「自分の確認不足」右肘に違和感 全体練習外れる

 ソフトバンク・甲斐野央投手(23)が15日、全体メニューから外れることを明かした。右肘に違和感があると見られる。朝から工藤公康監督(56)と言葉を交わし、悔しさを込めた。

 「自分の状態の確認不足。(監督からは)『肘にくるのは肘だけの問題じゃない。それ以外にも問題がある』と」

 東洋大からドラフト1位で入団した昨季は65試合に登板。最速159キロの直球を武器に中継ぎの一角に食い込んだ。「プレミア12」にも選出され、世界一に貢献。さらなる飛躍が期待されていたが、思わぬ足止めをすることになった。この日からリハビリ組に合流。

 けが人が増えている。内川が左ひざの関節炎、千賀も右ふくらはぎの違和感で別メニュー調整中。即戦力が期待されたドラフト2位・海野隆司捕手(22)も右肘痛と、キャンプインからけが人が続出している。柳田、武田らも右肘手術から復帰を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ