西武が大石ファーム育成グループスタッフをメ軍に派遣

 西武は15日、昨年限りで現役を引退し、球団本部ファーム・育成グループスタッフとして再スタートを切った大石達也氏をニューヨーク・メッツ傘下の1A「セントルーシー・メッツ」に派遣することを発表した。

 ニューヨーク・メッツとは昨年5月にパートナーシップ契約を締結。契約内容の一つが「人材の派遣」でコーチング技術やデータ活用方法、メディカル・フィジカル面、選手育成などに関するノウハウをお互いに学ぶことを目的としている。

 大石氏は2月23日に渡米し、ほぼ1シーズン、チームに帯同して投手コーチとしての技術を学び、自らも投手コーチとしての役割も担う予定だ。

 球団を通じて大石氏は「メッツへの派遣について最初言われたときは驚きしかなかった。ただ、それから時間もたち、今では良い機会をもらえたので、育成に限らずいろんなことを吸収してきたい。今後の西武に少しでも力になれるよう頑張ってきたい」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ