恐るべし「リベラカット」阪神・エドワーズ、福留バットへし折った!

 阪神春季キャンプ(14日、沖縄・宜野座)“電動のこぎり”で福留斬り! 阪神の新外国人、ジョン・エドワーズ投手(32)=前インディアンス3A=が14日、フリー打撃に登板した。キャンプ2度目の打者との対戦で福留孝介外野手(42)のバットをへし折った。直球と思いきや、メジャー最多の通算652セーブを挙げた元ヤンキースの守護神、マリアノ・リベラ氏(50)から学んだカットボール。抜群の切れ味を発揮した。

 ガリッ、ガリッ、ガリガリガリ、スパーン! 福留のバットが真っ二つに折れた。強い日差しが降り注ぐランチタイムで、虎党からはどよめきが起こった。ベテランが目をパチクリとする。相手の狙いを完全に外したのは直球なのか。“電動のこぎり”を取り出したエドワーズがニヤリだ。

 「(直球が)たまにカット(ボールの変化を)するので、福留さんのバットを折ったのはそのボール。自分と似たようなタイプではマリアノ・リベラ(氏)がいる」

 11日のシート打撃登板に続き、2度目の打者との対峙。23球目だった。福留の内角に投じた球がバットを粉砕。福留は練習中、めったに相棒を折らない。それだけでも事件だが、エドワーズの口から史上最強の守護神の名が出たのも驚きだ。

 昨年1月に史上初の満票での米国殿堂入りを果たしたリベラ氏はヤンキースのクローザーを務め、通算652セーブ(S)のメジャー最多記録を樹立。キャリア2度のシーズン50S、シーズン30Sは15度記録した。43歳で迎えた現役最終年も44Sを挙げるなど長く太く活躍。投げる球の大半を占めたカットボールは落差があり「電動のこぎり」と呼ばれた。エドワーズはそれを無意識で習得していたという。

 「(リベラ氏は)そのことを生かしていい結果を残したので、(映像を)見ながら模索していければと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ