西武・松坂、ブルペン連投42球「疲れている中で体は動いていた」

 西武春季キャンプ(14日、宮崎・南郷)西武・松坂大輔投手(39)が14日、宮崎・南郷キャンプで2日連続のブルペン入り。今キャンプ初の連投で、42球を投げた。

 「体が疲れている状態で投げてみたかった。(調子は)よくないけど、疲れている中で体は動いていた」

 本人も「覚えていない」というほど久しぶりのブルペン連投。近年、悩まされていた右肩に不安がない証拠でもある。これが6度目の投球練習で「今は反動もなく、無理のない範囲でやれている」と手応えを口にした。

 次なるステージは対打者への投球だ。15日は休養日で、19日の南郷キャンプ打ち上げ前に、フリー打撃登板が実現する可能性もある。

 「一日一日を大切にしたい。良かったり、悪かったりだが、いい方向に向かっている」と松坂。平成の怪物が、徐々にペースを加速させる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ