大谷、新打法で5発!米3年目の進化 左膝手術後初の屋外フリー

 メジャー1年目、2018年の春季キャンプは日本ハム時代と同じ右足を大きく上げるフォームでスタートしたが、オープン戦で打率・125(32打数4安打)と苦しみ、開幕直前に右足を上げず、投手方向に踏み出すノーステップ打法に変更した。メジャー1年目は22本塁打。昨季も18本塁打を放っていたが、今キャンプから従来のノーステップとともに新たな試みを開始した。

 「打撃は去年もやっていたので、継続しながら、改善しながらいけたらいい」と大谷。この日は投手としても最長30メートルの距離で計60球を投げた。先発復帰は5月中旬だが、打者としては開幕から、フルスロットル。17日(同18日)の野手キャンプスタートへ、準備は整った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ