阪神D2位・井上、デビュー弾!代打で初打席しかも初球 平田2軍監督「ド肝抜かれた」

 阪神2軍春季キャンプ(15日、高知・安芸)これ以上ない衝撃デビューだ! 高知・安芸の阪神2軍キャンプに参加中のドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社高=が15日、四国銀行との練習試合(安芸)で実戦初出場。四回に代打で登場し、初球をとらえて左翼に特大アーチを放った。2打席目は適時打で2安打3打点。昨夏、母校を初の甲子園Vに導いた大砲が、その桁違いのポテンシャルをいきなり見せつけた。

 午後2時6分。これぞ長距離砲という美しい放物線に、気温18度の安芸が一気にヒートアップした。井上がプロ初打席初球ホームラン。拍手喝采、1600人のファンが歴史の証人だ。

 「正直緊張していたんですが、小幡さんに『どんな球でも1回フルスイングしたら緊張がとれるから』と言われて。自分のスイングを心掛けました。いい軌道、弾道で上がってくれました」

 試合直後からタイミングをとって素振りを繰り返し、準備万端で迎えた四回。5-2の1死二塁で代打で登場した。拍手が鳴り終わらない初球、左腕の真っすぐを完璧にとらえた。打った瞬間の一撃は、左翼防球ネットに直撃する推定120メートル弾。三塁を回る瞬間、中村ベースコーチに「やっちまったな!」と声をかけられ、笑顔が弾けた。

 六回1死一、二塁の2打席目は、1ボールから右腕のスライダーをライナーで中前適時打。「2打席目は緊張もなく、だいぶよかった。いい感じでヘッドが立った。そこでこねたら、ゴロになるので」。前日には歴代2位の657本塁打を放った故・野村克也氏の連続写真をチェックしたばかりだが、しっかり課題の「ヘッドを立てる」を実践し、2安打3打点でお役御免だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ