オリ・井上CEO、24年ぶりVへ激励「頑張ったらいくらでも(報酬)出す」

 オリックス春季キャンプ(15日、宮崎)オリックスの井上亮取締役兼代表執行役社長・グループCEO(67)が15日、キャンプを視察に訪れ、練習が本格化する前に室内練習場に選手、首脳陣を集めて激励した。

 「(宮内)オーナーを胴上げできるように頑張ってくれ。ここにいるみんなでしっかり頑張ったらいくらでも出す。それぞれ報酬に対して自分で意識をもって稼いでください。オリックス本社は頑張った選手にしっかりと支払う準備はある」

 新助っ人のジョーンズも井上CEOの言葉に発奮。自ら歩み寄り「スリーハンドレッド!!」と打率3割を約束した。1996年を最後に遠ざかっているリーグ制覇へ、オリックス本社も全力でバックアップしていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ