19歳FW宮代、王者・川崎で先発デビューだ!昨年U-20W杯で2得点/ルヴァン杯

 ルヴァン杯が16日に開幕する。今年は東京五輪の影響で日程が前倒し。リーグ戦より先に初戦が行われるのは、前身のナビスコ杯から数えると2003年以来3度目となる。今季の“スタート”となる大事な一戦に向けて各チームが15日、最終調整を行った。

 前回大会王者の川崎は今季初戦となる清水戦(等々力)に向け、川崎市内の施設で約1時間半の練習を行った。

 「半年間やってきたことを無駄にしないためにアピールしたい」

 右FWで先発が濃厚な宮代大聖(19)が“デビュー”へ気持ちを高ぶらせた。昨年5月のU-20(20歳以下)W杯に出場しメキシコ戦では2得点。川崎では出場機会に恵まれず7月にJ2山口に期限付き移籍して19試合に出場した。下部組織から在籍する川崎のユニホームを着て公式戦に出場するのは初となる。

 21歳以下の日本国籍選手を1人以上先発させるという大会の規定もあり、つかんだ先発機会。「試合に出続けたい」。クラブ史上初めて高校3年でプロ契約を結ぶなど将来のエース候補として期待される19歳が、鮮烈デビューを飾り22日のリーグ開幕戦先発に名乗りを上げる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ