サントリー快勝!松島、60メートル&50メートル快走マルチT/TL

 トップリーグ第5節第1日(15日、サントリー60-14トヨタ自動車、ヤンマー)サントリーは同FB松島幸太朗(26)が2トライを決めるなど、トヨタ自動車に60-14で快勝。

 優勝へ、2敗同士の生き残りをかけた戦いでサントリーの攻撃が爆発。素早くボールをつなぎ、トヨタ自動車から60点を奪って圧倒した。

 「ボーナス点を取って勝つという目標を達成できた。もっとアタックで顔を出せる部分はあったが、(自身のプレーは)80点」

 FB松島が胸を張った。関係者によると、トップリーグではヤンマースタジアム長居の最多となる1万9584人が詰めかけた一戦。昨年のW杯でも活躍した韋駄天がピッチを駆け抜けた。

 前半26分、右に大きく展開した攻撃からパスを受けると、1人をかわして前進。60メートルを走り切り、リードを24点に広げるトライ(ゴール)を奪って試合の流れを決定づけた。後半26分にはインターセプトから50メートルを独走して駄目押し。「得点しても0-0と思って、気持ちを切らさないようにした」と力を緩めなかった。

 サントリーは初戦で東芝に足をすくわれ、王者の神戸製鋼にも屈した。「危機感はある。もう負けられない」とW杯日本代表のSH流(ながれ)主将。昨季準優勝のプライドを胸に、巻き返しが始まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ