日本ハム・栗山監督、野村克也さんを悼む献花台に花

 日本ハム・栗山英樹監督(58)が16日、ヤクルトとの練習試合が中止となった後「ANA BALLPARK浦添」に設置された野村克也さんを悼む献花台を訪れ、神妙な表情で献花した。

 同監督は雨の中、献花台に花をたむけてから両手を合わせた後、少し離れた位置で立ち続け、沈黙したまま献花台を眺め続けた。

 野村さんとはヤクルトの選手時代、選手として最終年だった1990年に監督と選手の関係だった。野村さんが亡くなった11日には「(野村さんは)野球について何となく知っていることを整理してくれた。それが今の野球のベースになっている」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ