オリックス、新型コロナウイルスの感染予防対策でキャンプ中のファンサービス自粛

 オリックスは16日、新型コロナウイルスなどによる感染症の予防のため、サインや握手などのファンサービスを当面自粛すると発表した。

 西村監督は「いまの現状を考えたら、ファンの人には申し訳ないんですが、そうせざるを得ない。本当にファンの方には申し訳ない」と話した。

 現時点での期間はキャンプ終了までを予定しており、森川球団本部長は「(宮崎県内で感染者が)出てからでは後手に回る。選手らも積極的にサインをしたり、ファンサービスに力を入れていただけに残念」と説明。23日のソフトバンクとのオープン戦(SOKKEN)や練習試合等のジェット風船使用の有無などについては、「対戦相手とも協議の上、決まり次第、お知らせさせていただく」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ