ザギトワが来シーズン復帰を表明!“引退騒動”の真相告白「私は燃え尽きていた」

 16日のテレビ朝日系「激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~」(後1・55)で平昌五輪フィギュアスケート女子金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=の独占インタビューが放送された。

 昨年12月に突然、競技活動の休止を表明したザギトワ。一部では“事実上の引退”とも報じられるなど“引退騒動”にまで発展。番組は1月下旬、渦中のザギトワをロシア・モスクワで直撃。女王は、インタビューの中で“引退騒動”の真相を語るとともに、来シーズンの競技復帰を表明した。

 平昌五輪で金メダルに輝いてから2年。フィギュア界を揺るがした活動休止について「急に決めたことではないのです。コーチたちと相談し、休んだほうがいいということになっていたのです」とザギトワ。

 実は、15歳で五輪を制した後は“燃え尽き症候群”に陥っていたといい、「私は燃え尽きていたのです。五輪の後、私は全く休めず、すぐに次のシーズンが始まってしまいました」と回顧。エテリ・トゥトベリゼ・コーチは「『競技から離れたい』と何度も彼女から言われ、そのたびに引き留めていました」と明かし、ザギトワも「誓約書を書きました。今も保管されているはずです。『試合に出場し、世界選手権では力を出し切る』と書きました。その約束を守るために自分を奮い立たせていたのです」と告白した。

 “約束”をモチベーションに変え、五輪の翌シーズンは世界選手権でも金メダルを獲得。しかし、そんな頑張りも今季の開幕前には限界を迎えていた。

 「今シーズンが始まる前、彼女は競技に向かうことを嫌がりました。私たちは約束しました。シーズン前半の大会は出て、その後は様子を見てみようと」と同コーチ。

 12月にイタリア・トリノで行われたグランプリ(GP)ファイナルで最下位に終わった6日後、ザギトワはシーズン半ばでの活動休止を選択。

 ザギトワは「力を振り絞ってもできない。競技続行を自分に強いることができませんでした。私自身の口から競技活動休止を伝えたいと思い、テレビで発表したのです」と述べた。

 しかし、すでに競技プログラムの練習を再開しているという。

 去就について「難しい質問ですね」と言葉を詰まらせながらも「ただ、はっきり言えるのは、私は自分のプログラムを完成させたい。技術を失わず…なんと言うか…もう何もしないでいるなんて…自分に嘘はつけないんです。これはスポーツ選手としての習性ですね。さらに新しいものを習得したいです。次のシーズンには、レベルアップして競技に戻りたいと思っています」と来季復帰を明言。日本のファンに向けて「私のことを信じ、応援してくれてありがとうございます。できることは全てやって、努力していることを伝えたいです。次のシーズンは競技に出場し、自分の演技でみなさんを喜ばせたい」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ