阪神・木浪、俺が1番打!猛アピール2点三塁打 清水HC「(1番候補)文句なし」

 春季キャンプ練習試合(16日、阪神7x-6楽天、沖縄・宜野座)「1番・遊撃」で先発出場した阪神・木浪聖也内野手(25)が、4点を先制された直後の三回に2点三塁打を放ち、反撃ののろしを上げた。2番・近本とコンビを組む1番打者に名乗り。新助っ人のジャスティン・ボーア内野手(31)=前エンゼルス=は2打数無安打だったが、視察した掛布雅之ハンシン・レジェンド・テラー(HLT、64)は好評価した。

 木浪の一打が打線に火をつけた。藤川が満塁弾を浴びた直後の三回無死一、二塁。2番手・辛島の直球をフルスイングすると、打球は右中間を抜けた。反撃ののろしを上げる2点三塁打だ。

 「来た球を思いっきり振ろうと思っていた。それから(チームに)流れが来たのでよかった」

 15日に続き、野村克也さんの追悼試合として行われた一戦。原口のサヨナラ打で勝利を飾ったが、木浪の一打がなければ一方的な展開で負けていたかもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ