設楽、2位に大差で初V!「東京マラソンでは日本中が興奮する走りしたい」/陸上

 陸上・熊日30キロロードレース(16日、熊本市通町筋-びぷれす熊日会館前)男子はマラソン元日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=が1時間29分47秒で初優勝した。東京五輪代表の残り1枠を争う3月1日の東京マラソンに弾みをつけた。女子は松本亜子(20)=デンソー=が1時間46分9秒で初めて制した。

 7キロ付近で集団から抜け出し、途中までは日本記録を上回るペースで一人旅。最後は2位に51秒差をつけて逃げ切った設楽は表情を緩めた。

 「ここで勝たなきゃ次はないと思っていたのでホッとしている。東京マラソンでは日本中が興奮する走りがしたい」

 強い雨が降る厳しいコンディションで、前半から積極的に仕掛けた。この日のタイムには満足していないものの「全力で走った結果。トレーニングを積めば、あと2、3割は上がってくると思う」と冷静に受け止めた。マラソンの東京五輪男子代表は既に2人が決定済みで、3月1日の東京か同8日のびわ湖毎日で2時間5分50秒の日本記録を上回った最速選手が、最後の切符を手にする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ